けいせい筑紫つまごと

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

けいせいつくしのつまごと


近松徳三の脚本を奈河晴助が増訂して「けいせい筑紫つまごと」と命名。 二代目沢村田之助の阿曽次郎が大当たりとなり、浄瑠璃での上演にも影響を与える。 しかし、上演回数はほどなく激減し、今ではほとんど上演されない。


  • 参考文献

『系統別歌舞伎戯曲解題』渥美清太

『歌舞伎事典』 下中直人 平凡社

『歌舞伎名作事典』 小宮暁子 演劇出版