ARCの紹介
  1. HOME
  2. 活動報告
  3. イベント情報
  4. 第51回 [特別編]ARCセミナー 「身装文化デジタルアーカイブの過去・現在・未来」

 [書込]

第51回 [特別編]ARCセミナー 「身装文化デジタルアーカイブの過去・現在・未来」
2018年7月 4日(水)

第51回 [特別編] ARCセミナーは、国立民族学博物館外来研究員の高橋晴子先生をお迎えして開催いたします。

「身装文化デジタルアーカイブの過去・現在・未来」

講師: 高橋 晴子(国立民族学博物館 外来研究員、MCDプロジェクト代表)

2018年7月4日(水) 18:00-19:30
【衣笠】立命館大学アート・リサーチセンター2F 多目的ルーム
参加無料(予約不要)

[共催] 立命館大学アート・リサーチセンター、アート・ドキュメンテーション学会関西地区部会



概要
高橋晴子氏は、MCD(民博コスチュームデータベース)プロジェクトにおいて、 約30年にわたり、身装文化デジタルアーカイブ構築を推進してこられ、 現在は代表を務めておられます。その構築および関連著作『近代日本の身装文化― 「身体と装い」の文化的変容』(三元社、2005)、『年表 近代日本の身装文化』 (三元社、2007)、『日本人のすがたと暮らし 明治・大正・昭和前期の身装』 (大丸弘氏との共著、三元社、2016)により、第11回野上紘子記念アート・ ドキュメンテーション学会賞を受賞されました。
 今回の研究会では、デジタルアーカイブ構築を進めてこられた過程・結果に おいて、研究がどのように変わったか(手法の変化・視野の変化・展開の変化・ 成果創出のありかたの変化、今後の展開や野望など)についてお話をうかがうと ともに、「アート・ドキュメンテーションとは何か」について議論する機会に なればと考えます。


※配布資料は開催当日午後より下記のURLからご覧いただけます(期間限定)
http://www.arc.ritsumei.ac.jp/archive01/jimu/dhseminar/haifu-index.html

※一般の方もインターネットでご参加いただけます。


Live streaming by Ustream