黄昏

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

たそがれ


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

夕暮のこと、誰そかれかと見分難いことから夕方のことをいふ、たそがれ時の略、又黄昏は淮南子天文訓に

至于虞淵是謂黄昏、至于蒙谷是謂定昏。

林和靖の詩中には『疎影横斜水清浅、暗香浮動月黄昏』の句がある。

よりてこそそれかとも見めたそがれにほのほの見ゆる花の夕顔  (源氏物語)

黄昏の題に依つて画かれたものに、近く左の作がある。

荒木十畝筆  『黄昏』    第一回帝展出品

森月城筆   『黄昏』    第七回帝展出品

原田西湖筆  『たそがれ』  第八回文展出品

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)