提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ばん


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

鷭は秧鶏科に属する水禽で北海道から本州へかけて棲息し、九州にも分布してゐる、色彩は頸から背にかけて黒みがかつた橄欖色、先が黄色で基部から額板へかけて紅色の嘴、大きく発達した緑色の脚、上尾筒に著しい白羽、かうした色彩が花鳥画の題材として重きをなしてゐる、普通種の外に大鷭がある。漢名梅首鶏

鷭の画かれた作

円山応挙筆  『藤花鷭図』   松本双軒庵旧蔵

中島来章筆  『花菖蒲と鷭』  外山某氏蔵

立原杏所筆  『芦と鷭』    所蔵者不明

今中素友筆  『はぐぐみ』   京都美術展出品

郷倉千靱筆  『水禽』     昭和八年個展出品

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)