風雨山水

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ふううさんすい


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

風強く雨荒み、天地惨憺の景色を図したるもの、即ち風雨山水なり、古今名家の作少しとぜす。馬遠筆風雨山水(岩崎男爵所蔵)夏珪筆風雨山水(川崎正蔵氏所蔵)に支那画の尤にして雪村筆風雨山水(佐竹候爵所蔵)は小點ながら雪村が気魄を観るべし、古来名物として名高きものなり。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

夏から秋にかけて、風強く雨凄しく樹木は梢を嬲られて木の葉飛び、河海は波荒れて舟木の葉の如く弄ばる、山水画として亦好画題たるを失はぬ、これには左の名作がある。

夏珪筆    川崎男爵家旧蔵

雪村筆    小倉のぶ氏蔵

徽宗皇帝筆  久遠寺蔵

渡辺崋山筆  小野光景氏蔵

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


さんすいが「山水画」の項を見よ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)