提供: ArtWiki
移動: 案内検索

すゞめ


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

雀を画けるものは、

牧渓雪竹雀(土屋子爵所蔵)、長澤蘆雪筆牽竹雀(三井男爵所蔵)、椿椿山筆梅竹百雀(波多野承五郎所蔵)

竹雀の条参照すべし。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

雀は燕雀目の雀属で、本邦に産するものは普通種と入内雀の二種である、入内雀は普通の雀の雌雄全く同色なのに比し、やゝ色彩を異にし雄は眼の周囲の黒点を欠き、咽喉の黒色部少く雌は全く此の黒色の部分が無い、そして白色の眉がある、此の入内雀に就いては、実方中将が罪なくして東北に流され、明暮れ都の空を恋慕ひ遂にその霊が化して雀となり飛んで都に上り内裏の台盤所へ入つて食物を漁つたので此の名がついたといふ伝説が『大和本草』に載せられてゐる。その習性等は洽く知られてゐる処である。

雀は花鳥画の中で最も早く画かれたものといふ、従つて古来名画と称せらるゝもの極めて多い。

牧谿筆    『竹雀図』    土屋子爵家蔵

孟玉礀筆   『竹雀図』    井上侯爵家旧蔵

無款     『雛雀図』    浅野侯爵家蔵

玉楽筆    『梅雀図』    団男爵家蔵

渡辺崋山筆  『睡猫驚雀』   渡辺善十郎氏蔵

雪村筆    『竹雀』     伊達侯爵家旧蔵

松花堂筆   『同』      松浦伯爵家蔵

愈友梅筆   『梅花百雀図』  橋本辰二郎氏蔵

椿椿山筆   『梅竹百雀図』  波多野古渓氏旧蔵

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)