金碧山水

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

きんぺきさんすい


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

山岳断崖樹木等に塗るに金色を施こしたる重厚燦爛の山水画を金碧山水と総称す。唐の李思訓実に之を創むと伝ふ。

谷文晁等の筆に成るものに此種の山水画多し。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

さんすいが「山水画」の項を見よ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


金碧山水は山川樹木の上に緑青群靛金色を施した絢爛重厚なもの、唐の李思訓これを創むるといふ、北画に多い、近代では谷文晁好んでこれを画き力作少からず、釧雲泉にも大作あり。(牧田環氏蔵)

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)