提供: ArtWiki
移動: 案内検索

はぎ


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

秋の七草の一、荳科の植物で山野到る処に自生してゐる、茎の高さ五六尺となり下部は木質を呈し葉は複葉で三箇の小葉から成り秋になると紅紫色又は淡紫色、白色等の蝶形の花を数多総状に開く、庭園に栽培する、山萩、深山萩、円葉萩、宮城野萩、二葉萩、蒔絵萩など種類極めて多い、漢名胡枝子。

これを画いたもの枚挙に遑もない。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)