茶梅

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

さばい


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

さゞんか又山茶花、冬の花にて雅味多く、随って画かるゝもの多し。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

普通山茶花の文字を用ひてゐる、山茶科に属する常緑植物で、暖地に多く、本邦では四国九州に自生が多い、支那にも産する、庭園植物として行はれ、花は晩秋から冬にかけて咲き、六弁であるが、一弁は外部にあるので五弁のやうに見える、色は淡紅、雪白、絞、濃紅いろ/\あつて美しく、葉は山茶に似てゐるが、狭く小さい、園芸的品種極めて多く、高木凋落せんとする際美花を開くを以て愛せられ、花鳥画の好画題となつてゐる。作例また枚挙に遑もない。

     山茶花     陶弼

江南池館厭深紅、零落山煙山雨中、却是北人偏愛惜、数枝和雪上屏風。  (佩文斉詠物詩)

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)