胡蝶花

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

こちょうか


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

鳶尾科の植物、姫著莪の別名である、著莪は陰地に生ずる多年生の草木で、茎の高さ一二尺に達し、葉は剣葉で深緑色、花は白くして中に紫と黄の紋があり美しい、花期は五月頃である、花鳥画の画材として画かるゝもの多い。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


漢名著莪、鳶尾科の植物で、花菖蒲燕子花と同じ科の多年生草本、山の陰地などに自生するが、庭園にも栽ゑられる、茎の高さ一二尺に達し、初夏の候美しい色彩を添へる、花は花蓋六片で三片は大きく、三片はやゝ小さく上に向ひ、そしてその縁辺には毛のやうに細かい鋸歯がある、弁の色は白色で、紫色の隈があり、中心は黄色を呈す、所によると家根の上に栽ゑて風情を添へてゐる。

筍にくゝり添へたり著莪の花   几菫

墓所の水落つる小溝や著莪の花  碧梧桐

この花の描かれた作に左の諸点がある。

筆者不詳   宋画『草花図』  石崎光瑶氏蔵

横山大観筆  『著莪』     望月軍四郎氏蔵

湯原柳畝筆  『霊花燿光』   第八回帝展出品

岩壁貞子筆  『著莪咲く頃』  第十一回帝展出品

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)