紫陽花

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

あじさい


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

紫陽花は虎耳草科に属する植物で、高さは四五尺に達し、葉は楕円形で厚く、周囲に鋸歯あり、対生で、花期は六月から七月へかけてであり、花弁と見えるものは実は蔓で、その中央の極細かいのが弁である、花冠は初め黄白色であるが、漸次藍色になり淡紅色となる、支那では八仙花と呼び、聚八仙とも謂ひ、又署扁花、紫繍冠の名もある、種類には、

たまあぢさゐ、がくあぢさゐ、がくうつぎ、きはあぢさゐ、べにがく、

などがあり、紫陽花の名は白楽天の命ずるところといふ、『白氏文集』に曰く、

  招賢寺有山花一樹、無人知名、色紫花気香、花芳麗可愛、頗類仙物、因以紫陽花名之。

何年植之向仙檀上、早晩移栽到梵家、雖在問人不識、与君名作紫陽花。

画題には『八仙花』と記す場合が多い、その主な作左の通り。

伊藤若冲筆   『紫陽花双鶏』  帝室御物

田能村竹田筆  『篷窓帖』    双軒庵旧蔵

与謝蕪村筆   『一貫賛』    山内香雪斎旧蔵

横山大観筆   『八仙花』    日本美術院出品

菱田春草筆   『同上』     足利田村氏旧蔵

富田渓仙筆   『あぢさゐ』   富田祐子氏蔵

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)