提供: ArtWiki
移動: 案内検索

みの


総合


歌舞伎

に用いる簑毛の略で、毛髪を蓑のように編んだもの。これを台金にとりつけて鬘を作るが、一番上の鬘や額の生え際の部分には、化粧蓑という細かに美しく編んだものが使用される。この蓑を鬢に張った鬘は様式的な時代狂言の役々「」とか「車引」の梅王、「子別れ」の重の井等に用いられる。写実を要求される鬘には蓑の代りに羽二重を張る。これは羽二重に一本一本毛髪をうえたもので、生え際を写実に美しくしている。