竜門鯉

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

りゅうもんのこい


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

竜門の険を登つたはよくとなるといふ、登竜門の熟語これより起り、鯉の瀑布を昇る図またここに拠る、出所は『三秦記』に、

竜門水険不通、亀鼈之属、不得上、江海大魚薄集竜門下数千、得上則為竜也。

と林道春の庖丁書録に曰く。

大河の源は崑崙より出で積石山をへて竜門となる、此処に三級とて三重みなぎり落つ急流あり、其の波の音、百千万の雷一度にはためきたるが如し、春三月の比、桃花の浪ながるゝ時、魚此所をのぼる、鯉竜門にのぼれば化して竜となる、諸魚のぼり得ざれば水にたゝきおとされて死して顋をさらす也。

鯉の滝登りに竜門鯉と題するものも多い。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)