神明恵和合取組

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

かみのめぐみわごうのとりくみ


総合


歌舞伎

江戸の名物である火事・角力・喧嘩を主題とした劇。通 称「め組の喧嘩」、竹柴其水(きすい)の代表作で、明治二十三年初演、五世尾上菊五郎が辰五 郎を演じた。 品川の料亭で角力の四つ車大入と鳶の者との喧嘩があった。鳶頭辰五郎は、その仕返しに入ツ山下で待伏せたが果さなかった。その後神明の芝居小屋で、また角力と鳶とが争い、鳶の者の怒りは絶頂に達した。辰五郎はひそかに妻子と別れをつげ、神明へおし出し、ここに鳶と角力の大喧嘩となる。、たき出し喜三郎の命をかけての仲裁で制上された。 妻子との別れはよく書けており、喧嘩の立廻りは楽しい。