石竹

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

せきちく


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

罌麦科に属する支那原産の植物で、日本産のかはら撫子に比し花弁大きく、従つて花も大輪であり、叢生するを常とし色にも紅色白色その他種々ある、一名唐撫子と呼ぶ。

     石竹花詠     陸亀蒙

曽看南朝画国娃、古蘿衣上散明霞、而今莫共金銭闘、買却春風是此花。

     賦石竹      蒲道源

短籬新見出梢々、葱蒨都無尺許高、茜色芳葩工点綴、莫教容易混蓬蒿。

新しき花鳥画の中には、此の花を描くもの間々見受ける。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)