番町皿屋敷

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ばんちょうさらやしき


総合


歌舞伎

戯曲、二場。岡本綺堂作。大正五年(1916)市川左団次初演。 旗本青山播磨を慕う腰元お菊は、播磨に嫁取りの話があると聞き、播磨の心をためそうと家宝の高麗渡りの皿の一枚を、わざと打わる。播磨はあやまちでわったものと一旦は許すが、お菊の本心を知り男心を疑われた怒りに愛する彼女を斬る。恋に破れた播磨は槍を小脇に、折からの町奴との喧嘩の中へとびこんで行く。 「播州皿屋舗」の新しい解釈だが、初演の左団次は青年旗本の一途な性格を巧みに表現した。三世市川寿海も得意な演目としてよく上演する。