琅玕

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

らうかん


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

琅玕は元来宝石の名で、砡の青いのを青琅玕と呼ぶのであるが、竹の茎の青色と相似たものあるので、の異名となつた、王貞白、『洗竹詩』に

有時記得三天事、自向琅玕節書。

又、宋の司馬光の詩中にも

茲軒最灑落、歴々種琅玕、正画薄雲稀、蕭々風雨寒。

の句がある。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


竹の異名、たけ「」の項を見よ。      

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)