河原崎国太郎

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

かわらさきくにたろう


総合


歌舞伎

定紋八ツ花菱に二つ巴。屋号山崎屋。 初世は九世市川団十郎の前名で六世河原崎権之助の養子となった時の芸名。最初長十郎であったが、嘉永五年将軍家に若君生れ、長吉郎と命名されたので長の字を忌み、権十郎と改名したのにはじまる。 二世は明治十三年出生、市川薫、二世市川権三郎をへて大正八年二世権十郎を襲名し、昭和三十年歿した。晩年は「直侍」の按摩丈賀のようなふけ脇役でよい味を見せた。 三世は二世の子で、大正七年生れ。権三郎から昭和三十一年三世を襲名した。尾上菊五郎劇団に属し、青年歌舞伎の二枚目役者で名をあげている。