歳寒二友

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

さいかんにゆう


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

梅花及菊花を一図に画きて歳寒二友と題す、文人画家の好んで図する所となす。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

と寒菊とを配したもの、古来、文人画家の好んで描くところで、意は歳寒三友と同一である。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


寒菊とをいふ、元の何中の詩に曰く、

菊花如幽人、梅花如烈士、同居氷雪中、

と此の意味からか。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


うめ「」たけ「」の項を見よ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)