梅鶴高士

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ばいかくこうし


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

梅鶴高士は林和靖がことなり。和靖西湖の孤山に隠栖し梅を植ゑ、鶴を畜ひ、而して曰く鶴を子とし梅を妻とすと。

委くは「林和靖」の条を見るべし。

梅鶴高士の画題を以て和靖を書きしもの、久隅守景の筆あり。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

林和靖を伴ひ、梅花を愛観する図、『梅妻鶴子』と同じ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


うめ「」の項を見よ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)