月夜山水

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

げつやさんすい


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

月夜の景を写せる山水画の総称なり、古来図せらるゝ所多し。左の諸点あり。

狩野元信筆(京都妙心寺所蔵)、啓書記筆(秋元子爵旧蔵)、渡辺崋山筆(参河広中寛氏所蔵)、曽我蕭白筆(備中大原孫三郎氏所蔵)

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

夜景山水にして、中天に月の懸る処を描く作例枚挙に遑もない。さんすいが「山水画」を見よ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


月夜の山水画の総称、その構図も古来一様でない、主な作

狩野元信筆        京都妙心寺蔵

啓書記筆         秋元子爵家旧蔵

曽我蕭白筆        大原孫三郎氏蔵

渡辺崋山筆        神戸鹿峰氏旧蔵

渓斎英泉筆  (重美)  松方幸次郎氏蔵

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)