時今也桔梗旗挙

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ときはいまききょうのはたあげ


総合


歌舞伎

四世鶴屋南北作、文化五年(1808)初演。全五幕だが、饗応・馬盥8ばたらい)が中心で、光秀が叛かざるをえなくなった経緯が巧みに描かれている。俗に「馬盥の光秀」という。 信長から勅使饗応を命ぜられた光秀は、そのやり方がせん越だと責められ、森蘭丸に鉄扇で額を割られた上に謹慎を命ぜられる。後信長に召出されたが、領地は蘭丸にとられ、馬盥で酒を飲まされ、その上さんざんに侮辱せられ、ついに叛逆を決意し、本能寺に信長を襲った。 中村吉右衛門の光秀は、悲愴味にあふれて好演、当り芸の一つであった。