摂州合邦辻

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

せっしゅうがっぽうがつじ


総合


歌舞伎

浄瑠璃、三巻、時代物。菅専助・若竹笛躬合作。安永二年(1773)北堀江座。 大名の子が継母に追われて諸国をさまよい、後に父に探し出されるという謡曲「弱法師」や、古浄瑠璃「愛護若」等の筋に、作者の創意が加えられた作。下の巻の合邦がよく上演される。 合邦の娘お辻は、藤原通俊の奥方玉手御前となった。通俊には二人の腹ちがいの子があったが、弟の次郎丸は兄俊徳丸を殺して家督を奪おうとしていた。玉手は義理ある子俊徳丸に恋をしかけ、毒酒で癩病にしてしまう。これを避けようと俊徳丸は合邦の家へ逃れるが、なおも玉手は追いかけて来る。道ならぬ恋と怒った合邦の刃に刺された玉手は、苦しい息の下から、これも次郎丸の手から俊徳丸を助けるための計略と本心を語り、自分の生血を飲ませて癩病を癒し、死んで行く。 五世中村歌右衛門や三世中村梅玉の当り芸。