恒娥奔月

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

こうがほんげつ


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

の異名、恒娥の起りである、恒娥は羿の妻で、羿がある日西王母に不死の霊薬を求めた処、恒娥がひそかに之を盗んで月の世界に走り、つひに蟾蜍になつてしまつたといふ故事。

羿請不死之薬于西王母、恒娥以奔月  (淮南子覧冥訓)

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)