張道煉丹

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ちょうどうれんたん


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

仙客張道の天目山の雲綿洞に於て仙薬を煉るの図をいう、龍と白虎の傍に侍するもの即ち是れにして、之を他の仙客煉丹と異なる所となす。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

仙人張道陵が、和帝の召を辞し、蜀の鶴鳴山に隠れて、仙薬を煉るの図で、石鶴あり、青竜白虎が傍にあつて丹鼎を護る、これが他の煉丹の図と異るところである。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)