孤山清影

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

こざんせいえい


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

謎語画題の一にして、月に梅を画きて題する所となす。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

月下のを画いて斯く題す、謎話画題の一つである。

蓋し、孤山は林和靖が梅を愛した処、清影は月に照らされた梅の姿である。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)