坂崎出羽守

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

さかざきでわのかみ


総合


歌舞伎

戯曲、四幕。山本有三作。大正十年(1921)九月、六世尾上菊五郎等が初演。 大阪夏の陣で顔面に大傷を負いながらも猛火の中から千姫を救出した坂崎出羽守は、家康からやがて千姫の夫となることを約束された。しかし千姫の心は美男の本多平八郎にあり、家康も今は言を左右にしてかつての約束を果さず、ついに本多家へ嫁ぐことに決した。出羽守は千姫の嫁入の行列に乱入して、姫を奪おうとして果さず、乱心からこの挙に出たのではないと言明、遂には切腹して果てる。 山本有三の力作、六世菊五郎の写実的演出によって絶讃を博したもの。