厄払い

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

やくばらい


総合


歌舞伎

世話狂言で、その場面のクライマックスに主要な役が述べる、七五調の美しい響きを持った音楽的なセリフをいう。節分の厄払いに似ているところからこの名が出た。弁天小僧の「しらざあいって聞かせやしょう」、お嬢吉三の「月も朧に自魚の」のセリフなどっ河竹黙阿弥が好んで使用し、いくたの名セリフを残している。