千山万水

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

せんざんばんすい


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

千山万水は山岳重畳、渓流河川縦横するの景を形容せるものなり、

渡辺崋山作に最も有名なるものあり(信濃小野榮右衛門氏所蔵)

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

深山を形容した詞、山又山、川又川、其の極を知ることが出来ない、雄大なる山水画に用ひらる。『続元怪録』に曰く。

韋義方往天壇南尋妹、千山万水、不見有路、問樵人無知張老荘者。

『千山万水』と題したものでは渡辺崋山の作最も有名である。(奈良磐松氏蔵重要美術品)

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)