助六由縁江戸桜

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

すけろくゆかりのえどざくら


総合


歌舞伎

歌舞伎十八番中唯一の世話物。正徳三年(1713)二世市川団十郎により初演された。 当時の一大社交場吉原を活写した上に、吉原はもちろん、魚河岸、蔵前の多大の支援をえて、劇壇とこれらとの間には特殊な儀礼がかわされる等、助六はいわば江戸市民推薦劇ともいえる。しかも劇中いたるところにみえる宣伝効果は、いやが上にも見物を喜ばせたに相違ない。 助六実は曾我五郎が、名刀友切丸詮議のため吉原に出入、愛人揚巻に横恋慕する髭の意休に喧嘩をしかけ、彼から刀を奪う。黒羽二重に紫縮緬の鉢巻、蛇の目傘という扮装の助六が、舞台ではく数々の啖呵は、江戸っ子ならずとも胸のすく思いのするものである。