並木正三

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

なみき しょうざ(Namiki Shoza)


総合


歌舞伎

宝暦期の上方の歌舞伎狂言作者。三代ある。 初世:はじめ泉屋正三。廻り舞台せり出しなどを工夫したので知られている。享保十五年(1730)大阪の生まれ。浄瑠璃作者並木宗輔の門弟で、脚本は約九十篇あるが、おもにお家騒動や侠客物で、名作が多い。代表作は「けいせい天羽衣」「三十石艠始(さんじっこくよふねのはじまり)」「宿無団七時雨傘」など。安永二年(1773)没。