万年青

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

おもと


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

百合科の植物で、漢名は万年青、又は万年春、和名の『おもと』は九州豊前の国宇佐八幡の東南御許山の産が有名な処から、その地名が名となつたといふ、暖地には自生し九州では各地に見られる、葉の長さ一尺位となり一の株から数葉出で、夏小さい黄白色の花を開き秋になると結実し紅色の玉を綴る、その葉の緑いつまでも変らぬといふ処から万年青と呼ばれ目出度い植物として珍重され、その貴品といふものは千金を呼んだといふ、葉に斑のあるものを筋万年青といひ、品種極めて多い。

祝賀用の絵画に描かるゝもの多く、花鳥画としても行はれてゐる。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)