一甲及第

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

いっこうきゅうだい


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

が芦の穂に飛びついた処を描く、古来南画家の好んで描くところで、進士が千辛万苦して考試に及第した意を寓したもの、出世を祝ふ画題として喜ばれた。

惲南田筆  支那名画集所載

現代では橋本関雪好んで之を描く。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)