でんでん物

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

でんでんもの


総合


歌舞伎

人形芝居のために書かれた浄瑠璃戯曲を、歌舞伎に取り入れた狂言のこと。 竹本劇、義太夫物、あるいは丸本書舞伎ともいう。義太夫の三味線は大きくて詠が太く、でんでんと音がするところから出た俗称。「仮名手本忠臣蔵」、「義経千本桜」など。