八仙

提供: ArtWiki
2021年12月7日 (火) 18:44時点におけるWikiSysop (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

はつせん


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

八仙は、漢鐘離、張果老、韓湘子、鐵拐、曹国舅、呂洞賓の六仙人及藍采和、何仙姑(風僧歌)、の二女仙をいふ。古く雪村に此図あり。近代にては呉俊明の筆(東京津村某氏所蔵)あり。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

春夏の本の華八種を選び八仙といふ。即ち

、杏、酴釄、玫瑰石榴、凌霄、辛夷、躑躅

である、酴釄は『ときんいばら』玫瑰は『はまなす』である。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)