ARCの紹介
  1. ホーム
  2. 活動報告
  3. 演劇上演記録のデータ・ベース化と活用、ならびに汎用利用システム構築に関る研究
演劇上演記録のデータ・ベース化と活用、ならびに汎用利用システム構築に関る研究

 [書込]

[演劇上演記録のデータ・ベース化と活用、ならびに汎用利用システム構築に関る研究]
2016年5月 6日(金)

2015年度下半期の当プロジェクトの活動を以下のとおりご報告いたします。

2015

101日 前進座劇場の上演記録考証作業開始(於松竹大谷図書館事務所内)

     各劇場の舞踊会公演の上演記録考証作業継続[作業開始:2015年度(414日)]

《各劇場の舞踊会公演のプログラムは上演年月日順に合本して配架》

《様々な形態の舞踊会プログラムを基に上演記録データを作成》

2016

126日 今後の活動内容及び以下の議題について打ち合わせ(於松竹大谷図書館事務所内)

  <参加者:赤間亮先生、武藤祥子・井川繭子(松竹大谷図書館)>

   (1)「新派公演の上演記録データベース構築と運用について」

   (2)2015年度予算の執行計画について」

   (3)「近代芝居番付の記録の考証作業について」※

  ※演劇情報の一次資料である松竹大谷図書館所蔵芝居番付の目録データを作成して、演劇上演記録のさらなる充実を図る。

 ↓検索閲覧システムは115日に公開

 《松竹大谷図書館所蔵・芝居番付検索閲覧システム》

 (今後もデータ考証が終了したものから順次公開予定)

220日 2015年度共同研究プロジェクト成果発表会<発表:武藤祥子(松竹大谷図書館)>

  <参加者:赤間亮先生・青山いずみ(立命館)、技術協力:山路正憲研究員(立命館)>

2015年度共同研究プロジェクト成果発表会@立命館大学ARC

323日 前進座劇場の上演記録考証作業終了

《前進座劇場の記録は劇場プログラムの他に、刊行された劇団史資料『グラフ前進座』や、『演劇年鑑』なども参照して考証を行った》

以上

[演劇上演記録のデータ・ベース化と活用、ならびに汎用利用システム構築に関る研究]
2016年2月 4日(木)

2015年度上半期の当プロジェクトの活動を以下のとおりご報告いたします。

2015年

4月 7日 浅草松竹座の上演記録考証作業終了[作業開始:2014年度(331日)]

4月14日 邦楽座の上演記録考証作業開始、同日終了

     各劇場の舞踊会公演の上演記録考証作業開始(於松竹大谷図書館事務所内)

5月21日 梅田コマ劇場の上演記録考証作業終了[作業開始:2014年度(212日)]

☆DSC08377.JPG

《梅田コマ劇場の記録は刊行された劇場史資料『梅田コマスタジアム 36年のあゆみ』なども参照して考証を行った》

     読売ホールの上演記録考証作業開始(於松竹大谷図書館事務所内)

622日 今後の活動内容及び以下の議題について打ち合わせ(於松竹大谷図書館事務所内)

 <参加者:赤間亮先生、武藤祥子・井川繭子(松竹大谷図書館)>

  (1)「新派公演の上演記録データベース構築について」

  (2)「2015年度予算の執行計画について」

  (3)「ARC WEEK 2015」の発表について

  (発表内容及び資料登録デモンストレーションに必要な図書管理システム起動のための通信環境設定準備等)

7月 9日 読売ホールの上演記録考証作業終了

7月23日 都市センターホールの上演記録考証作業開始(於松竹大谷図書館事務所内)

7月25日 ARC WEEK 2015国際シンポジウム参加

     「2015年度共同研究プロジェクト紹介」<発表:武藤祥子(松竹大谷図書館)>

     <参加者:赤間亮先生・青山いずみ(立命館)>

     立命館大学ARC会場内資料展示に協力(「松竹大谷図書館所蔵 新派公演辻番付」他)

★DSC06577.JPG

7月26日 ARC WEEK 2015ワークショップに参加

     「演劇上演記録データベースを応用した蔵書管理システムの運用事例」<発表:井川繭子(松竹大谷図書館)>

     <参加者:赤間亮先生・倉橋正恵先生(立命館)、武藤祥子(松竹大谷図書館)、技術協力:山路正憲研究員(立命館)>

☆IMG_3316.JPG