UP0948

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

面箱(めんばこ)

場面解説

 面箱持がはじめに幕内から登場する。面箱持の出立は直面、侍烏帽子に直垂裃である。この面箱の中には、神体である白色尉と黒色尉の二面が入っている。  能「翁」にしかない演出やきまりごとは多いが、この曲に限り、舞台に上がる全ての人はこの幕から出る。したがって、切戸口は使用しない。