<7>市川団十郎

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

歌舞伎

概要

いちかわだんじゅうろう。<7>市川団十郎(いちかわ だんじゅうろう)は寛政3(1791)年生~安政6(1859)年3月23日没(享年70歳)の歌舞伎役者。寛政六年八月、四歳にて初舞台。寛政十二年に十歳で団十郎を襲名。文化・文政期から安政に至るまで活躍。小柄ながら眼が大きく、口跡にすぐれ、荒事和事実事実悪色悪所作など多芸多能であった。天保十三年奢侈僭上の被疑を受け、江戸十里四方追放となるが、後、許されて歌舞伎十八番を制定する。能楽歌舞伎移入の功績も大きい。

戒名 徳誉恢郭儀善法子 役柄  
俳名 三升、白猿、寿海<1> 位付  
屋号 成田屋 家系 五代市川団十郎の孫、六代市川団十郎早世のため養子となる
本名   師弟  
別名 市川 白猿、松本 幸四郎。[雅号]夜雨庵、二九亭、寿海老人、子福長者 備考 幡谷重蔵は江戸追放後の芸名


改名

<代数>人名 名乗期間 種別
<0>小玉 未詳・~寛政06・07* 幼名
<1>市川新之助 寛政06・08~寛政10・08
<5>市川ゑび蔵 寛政10・09~寛政12・10
<7>市川団十郎 寛政12・11~天保03・02 見出
<5>市川海老蔵 天保03・03~安政06・03
<0.2>成田屋七左衛門 未詳・~未詳・
<1>幡谷重蔵 未詳・~未詳・
<1.2>市川白猿 未詳・~未詳・ 別名
<6.5>松本幸四郎 未詳・~未詳・
<1>市川寿海 未詳・~未詳・ 俳名


役者絵

立命館大学アート・リサーチセンター浮世絵検索閲覧システム

演劇博物館所蔵浮世絵閲覧システム

関連項目

歌舞伎|役者|役者名