黄安

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

【出典】

王世貞『有象列仙全傳』

近世視覚文化を読み解くこうあん


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

黄安は支那の神仙で、漢武帝の五仙臣の一人、その齢万年といひ、常にに乗つてゐるので、長寿を喜ぶ画題として喜ばれる、『列仙伝』巻二に曰く。

黄安代郡人、年万歳余、貌若童子、常服硃砂、挙身皆赤、不着衣、坐一神亀、亀広三尺、時人問安坐亀幾年、曰三千歳、乃一出頭我得亀以来已五出頭矣、行則負亀而而趨、世人謂安年万歳、漢武帝聞其異乃与論虚無神仙之事、帝毎屈礼焉、及封泰山、詔董謁、李充、孟岐、郭瓊、黄安五人同輩謂之五仙臣帝崩後、即去、不知所之。

同書には黄安乗亀の図を載せてゐる。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)