鷺鶿敗荷

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ろじはいか


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

晩秋初冬の画題である、枯れた蓮の葉の水に伏してゐる辺に、白鷺の遊ぶ図、元の好問が詩に曰く

荷経凍雨糸全枯、葦到窮秋影亦疎、

為問風標両公子、此中能有幾多魚。

と、風標公子はの異名であるが、専門的にはこもも白鷺を称す、この画題また作例極めて多い。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)