雲母摺

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

きらずり


雲母の粉末を、膠を混ぜて溶き、背景などの摺ったのもで、色板を使う場合と型紙(合羽摺)を使う場合がある。また、その色によって、白雲母摺、黒雲母摺、紅雲母摺がある。 写楽の第一期は黒雲母摺、第二期は白雲母摺である。