阿弥陀曼陀羅

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

あみだまんだら


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

阿弥陀曼陀羅は阿弥陀如来を八葉蓮台に置き、之を中央の主として建立したる秘密の曼陀羅なり、即ち阿弥陀を普門万徳の中央法界性智とし、弥陀の四親近菩薩の第一なる観音を東方大円鏡智とし、第二の文殊を以て南方平等性智とし、第三弥勒を西方妙観察智とし、第四の維摩居士を以て北方成所作智に配して組立てたるものなり。

京都知恩院に国宝の一幅あり。

(『画題辞典』斎藤隆三)