阿弥陀二十五菩薩

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

あみだにじゅうごぼさつ


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

阿弥陀二十五菩隆は阿弥陀如来に二十五菩薩を配して図せるものにして。もと十往生阿弥陀仏図経から出たものである。来迎仏として画かる。更に之に両脇侍を添えたるものあり、「阿弥陀如来」「二十五菩薩」及「来迎仏」の条参照すべし。阿弥陀二十五菩薩を画けるものゝ名品にして、国宝に指定されたるものは左の如し。

京都禅林寺所蔵一点   京都知恩院所蔵一点

京都浄福寺所蔵一点   京都安樂寿院所蔵一点

奈良興福院所蔵一点   近江安樂律院所蔵一点

近江来迎寺所蔵一点   近江新知恩院所蔵一点

高野山金剛峰寺所蔵一点

(『画題辞典』斎藤隆三)