阿弥陀

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

あみだ


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

阿弥陀、弥陀はともに略称、委しくは阿弥陀由須、または阿弥陀婆といふ、阿弥陀由須は無量寿命と訳し、阿弥陀婆は無量光明と訳す、これ所謂阿弥陀仏の具名で、この二梵名を合して阿弥陀と通称してゐる、その他此の仏には無量寿仏、無量光仏、無碍光仏、尽十方無碍光如来等、種々の略称や異称があり、この仏に関する記述は一切経中、最も広いので、古人も『諸経所讃多在弥陀』というてゐる。然るにこの仏の本誓は諸仏と異るものあつて、所謂他力往生浄土の法門である、故にこの仏を本尊として崇拝、帰仰する宗門は印度支那日本に通じて許多あり、現存するものの中では、日本仏教諸宗中に最も有力なる真宗を第一となし浄土宗とともに、この一仏を本尊として帰仰し、其他融通念仏宗の如きも此の仏を本尊としてゐる。  (仏教辞林)

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)