金子一高日記

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

道化方の役者で作者も勤めた金子吉左衛門の元禄十一(1698)年二月から十二月までの日記。

近松門左衛門、坂田藤十郎との狂言作りの相談など、当時の劇界を詳しく述べている。