輞川

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

もうせん


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

輞川は支那陝西省西安府の藍田県にある、王維が退隠して詩画三昧に入つた処、王維の別業は輞水の近くにありて所謂晴好雨奇の二十境あり、王維はここに道友斐迪と舟泛べて往来し琴を弾じ詩を賦し、そして『輞川集』の著がある、その序並に詩に曰く

余別業在輞川山谷、其遊止有孟城拗、華子岡、文杏館、斤竹嶺、鹿柴、木蘭柴、茱萸沂、宮槐陌、臨湖亭、南坨、欹湖、柳浪、欒家瀕、金屑泉、白石灘、北坨、竹里館、辛夷塢、漆園、椒園等、与斐廸閑暇各賦絶句云。

     孟城拗

新家孟城口、古木余衰柳、来者復為誰、空悲昔人有。

     華子岡

飛鳥去不窮、連山復秋色、上下華子岡、惆悵情何極。

     文杏館

文杏裁為梁、香茅結為宇、不知棟裏雲、去作人間雨。

     斤竹嶺

檀欒映空曲、青翠漾漣漪、暗入商山路、樵人不可知。

     鹿柴

空山不見人、但聞人語響、返景入深林、優照青苔上。

     茱萸沂

結実紅旦緑、復如花更開、山中儻留客、置此茱萸杯。

     宮槐陌

仄径蔭宮槐、幽陰多緑苔、応門但迎掃、畏有山僧来。

     臨湖亭

軽舸迎上客、悠々湖上来、当軒対尊酒、四面芙蓉開。

     南坨

軽舟南坨去、北坨森難即、隔浦望人家、遥遥不相識。

     欹湖

吹簫凌極浦、日暮送夫君、湖上一回首、山青巻白雲。

     柳浪

分行接綺樹、倒影入清綺、不学御溝上、春風傷別離。

     欒家瀬

颯颯秋雨中、浅浅石溜潟、跳波自相濺、白鷺驚復下。

     金屑泉

日飲金屑泉、少当千余歳、翠鳳翊文螭、羽節朝玉帝。

     白石灘

清浅白石灘、緑蒲向堪把、家住水東西、浣紗明月下。

     北坨

北坨湖水北、雑樹映朱蘭、遥迤南川水、明滅青林端。

     竹里館

独座幽篁裏、弾琴復長嘯、深林人不知、明月来相照。

     辛夷塢

木末芙蓉花、山中発紅萼、澗戸寂無人、紛紛開且落。

     漆園

古人非傲吏、自闕経世務、偶奇一徴官、婆娑数株樹。

     椒園

桂尊迎帝子、杜若贈佳人、椒漿奠瑶席、欲下雲中君。

輞川は古来南画の好画題としてよく画かれ、王摩詰自ら『輞川図』あり、謝時臣に『輞川積雨』あり、杜徴に『輞川二十境』がある。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)