軒端の梅

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

のぎばのうめ


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

和泉式部が、東北院に植ゑたの故事、謡曲『東北』にある。

是こそ和泉式部の植ゑ給ひし軒端の梅にて候へ、「さては和泉式部の植ゑ給ひし軒端の梅にて候ひけるぞや、又あの方丈は和泉式部の御休所に候ふか、「中々のこと和泉式部のふしどなりしを、作りもかへず其まゝにて今に絶えせぬ詠めぞかし、「ふしぎや扨は古への、名を残しおく形見とて、「花も主を慕ふかと、年々色香をいやましに、「さもみやびたるお気色、「猶もむかしを、「思ふかと、「年月を、古き軒端の梅の花、あるじを知れば久方の、天ぎる雲のなべて世に、聞えたる名残かや、和泉式部の花どころ。(下略)  (東北)

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)