評判記

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

役者評判記

横本、黒表紙で、京・大坂・江戸をそれぞれ一巻、合計三巻として、各巻に「役者目録」と「役者評」を配置している。役柄ごとにカテゴリ化し、上上、上上吉などという位付と評判の順序を微妙に組合せることで、人気や芸の実力による役者の総合的な順位付をしたもの。幕末までほとんど毎年刊行された。