西行桜

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

さいぎょうざくら


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

謡曲の名、西行法師の京都西山に住んでゐた頃の事、桜の精あらはれて上人の歌につき問答した筋を作つてゐる、『雲玉集』に

西行、西山に、山居の時、花に人あつまり来にければ

花みんとむれつゝ人の来るのみぞあたら桜のとがにはありける

かくよみし暮つかた花のもとに白髪の老人あらはれて

つみとかはいかゞあらしの山桜ながむる人のわかみやま木を

と返しして失せにけり、花の精なるべし。

とあるのに本づく、氏信の作で、シテは桜の精、ワキ西行上人、ツレ花見の人々、狂言寺男、処は山城で、好個の画題となつてゐる。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)