西行七瀬川

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

さいぎょうななせがわ


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

西行が諸国遊行中の物語の一つで、安楽庵策伝の『醒睡笑』に曰く

西行法師修行の時、津の国七瀬の川にて麦粉をくふとて、しきりにむせられけるを、馬上より侍のみつけ

此川はななせの河ときくものをお僧をみればむせわたるかな

時に西行の返歌

この川は七瀬の川ときくものをめしたる馬はやせわたるかな

この逸事を画いたものに、英一蝶の作がある。(松沢氏旧蔵)

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)